小学校受験はいつから準備を始めるの

可愛いわが子が将来苦労しないように、できるだけ質の良い教育機関に預けたいと願う親御さんが大半です。金銭的な余裕があるなら、出来る限り国立でも私立でもレベルの高い小学校に通わせたいところですが、レベルの高い小学校だとお受験が控えていますので、その準備を進めていかなければなりません。まだ小さな子供ですので、受験のための学習をさせるにはどのタイミングが適しているのか、経験の少ない親御さんでは判断が難しいのは当然です。小学校受験に関する適切なタイミングとして、子供が学ばなければならないボリュームをよく考えることがヒントとして役立ちます。ボリュームと内容を確認するだけでなく、受験当日までの期間についても把握する必要が出てくるでしょう。以上のポイントを踏まえれば、自ずと答えを導き出せます。

出来る限り早いタイミングで行動すべき

小学校受験の時期をまず考えてみましょう。国立であれば11月下旬から12月中旬頃がシーズンです。中には9月からスタートする小学校もありますが、時期的にはいずれの小学校もパターンが決まっていますので、その時期を覚えておけばよいといえます。受験のタイミングからおおよそ1年くらい前から準備することを勧めたり、行動を起こす傾向が強いものの、1年の間に話を聞いたり、考える、我慢する努力などをしっかり子供に身につけさせるには、やや強引に詰め込んで覚えさせなければならなくなります。余裕をもって子供に身につけさせたいのであれば、もう少し早いタイミングから行動すべきだといえるでしょう。小さいころからゆっくりとやらせることで、子供の負担を軽減させることができるなど、メリットがたくさんあります。

共働きだと難しいのはすでに過去の話

幼い子供に対して小学校受験の準備を進めるとなると、幼児教室に通う際に親御さんもその時間に合わせなければいけなくなります。専業主婦の親御さんであれば時間の都合がつきやすいですが、夫婦共働きの世帯だと面倒を見られる人がいなくなってしまうため、子供が幼いタイミングで受験準備を進めるのが難しくなります。しかし、現在においては共働き世帯でも幼児教室に通わせやすくなっています。昔は平日のみの受付が多かったものの、現在では土日でも幼児教室を開いているところが目立ってきましたので、共働きのデメリットが解消されつつあります。0歳から学ぶことができる幼児教室なども盛んに登場していますが、ここまで幼い子供に対して受験対策をしてもあまり効率的ではないため、もう少し大きくなってから通わせても問題ありません。