知りたい小学校受験にかかる費用

近年では、子供の将来のことを考え、子供に小学校受験をさせる家庭が増えてきています。小学校受験とは中学や高校の受験とは異なり、小学校の勉強の基本となる言葉や数について理解できているか、友達との関わり方はうまくできるか、そして季節の行事や自然に関することなど、幅広い知識がなくては合格することができません。挨拶や基本的な生活習慣については、小学校を受験しても受験しなくても、各家庭で身につけるべきことと言えます。しかし友達との関わり方や小学校を受験するうえで大切になってくるコツなどは、専門的な機関に通って学ぶ方が好ましいといえます。それでは小学校を受験するにあたり、どのようなことが必要で、それにかかる費用とはどれくらい必要になるのでしょうか。

小学校を受験するにあたって必要なこととその費用とは

まずは小学校を受験するにあたり、多くの人が塾や幼児教室に通います。基本的なアイサツや生活習慣は各家庭でも身につけることはできますが、塾や幼児教室では、集団の中での行動の仕方や友達との関わり方などを身につけることができます。受験の傾向や合格するためのコツなどを教えてもらうことができるので、合格を目指して通う人が多く見られます。その多くは幼稚園の年中組の年齢から1年間かけて通うケースが多く見られます。費用としては週2回の塾や幼児教室、そのほかにも絵画教室や体操教室などに通わせている場合も多く、各家庭によっても異なりますが、月に10万円から15万円の費用が平均的な額となっています。そして受験が近づいてくると模試を行う傾向にあります。一回の模試の費用として平均1万円から2万円かかることになり、少なくても3回、多い人は10回以上受ける場合もあります。

幼児教室に通う費用だけではありません

小学校を受験するにあたり、必要となる費用は塾や幼児教室に通う費用だけではありません。小学校受験する場合には、子供だけでなく家族全員での面接がある学校がほとんどです。そのため面接を受けるための洋服を家族全員分用意する必要があります。各家庭によっても異なりますが、家族全員分の洋服を購入した場合には3万円から5万円ほどの費用が必要になります。そして受験をするために小学校に支払う受験費用も必要になります。受験する小学校が国立なのか、私立なのかによって、その費用も変わってきます。しかし多くの学校を掛け持ちして受験する家庭も多く、3から4校を受験するのが平均的となっています。受験費用には国立の小学校の場合には3300円、私立の小学校の場合には2万円から3万円ほど必要になると言われています。